ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

2019野路菊S、ききょうS、芙蓉S回顧
0

     

    2週間の2歳戦のレースを回顧します。

    野路菊Sはマイラプソディが1.1倍の人気に応えて5馬身差の快勝でした。5頭立てでメンバーレベルに疑問があり、またスローの瞬発力勝負も良かったとは思いますが、それにしても最後の伸びは迫力がありました。G1でも期待できそうな逸材だと思います。

     

    ききょうSはプリンスリターンが2番手から粘り込みました。前走すずらん賞は6着に敗れたものの2走前には函館2歳Sで3着に来ていたように能力は有り、人気がなさ過ぎました。ただ、今回は展開等の恩恵もあり今後重賞戦線で活躍が期待できるかと言えば微妙です。

    1番人気で3着に敗れたシャレードは、デビュー戦でもそうでしたが、走ることに前向きさが見られず、嫌々走っているような感じで道中の手応えもイマイチでした。能力は高いと思いますので、精神面の課題が解消される必要がありますがまだ見限れないと思います。

     

    芙蓉Sは1番人気オーソリティが2馬身半差の快勝でした。6頭立てですが、メンバー的には悪くなく、その中での快勝ですので、重賞でも期待できそうです。懸念材料はオルフェーヴル産駒で母の全兄にエピファネイアがいるような血統で、パドックでも馬っ気をだしているように気性面に危うさを感じますので、今のところはレースには影響無さそうですが、気性面が悪化しないことを願います。

    ウインカーネリアンは逃げて何とか2着を確保しました。前走新潟2歳Sでは出遅れて7着に敗れましたが、今回はスタートが決まりました。ただ、小頭数で予想はできましたが、少しスローに落としすぎた感があり、瞬発力勝負よりも持続力勝負に持ち込んだ方が持ち味が活きるタイプだと思います。相手なりに走れるタイプでもあると思いますので、重賞でもしぶとく頑張れそうな気がします。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 予想・回顧 | 18:11 | comments(0) | -
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    このページの先頭へ