ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 3歳馬次走情報有力馬一覧(3/28) | main | 2018ドバイワールドカップデー有力外国馬 >>
2018年新種牡馬産駒注目馬(ジャスタウェイ産駒、トーセンジョーダン産駒他)
0

    2017年2歳馬はオルフェ―ヴル、ロードカナロアという注目の新種牡馬の産駒が重賞で結果を残していますが、今年はジャスタウェイの産駒がデビューします。

    また、最近は競争成績がそれ程でも無い馬から2歳からダービーまでのPOG期間の重賞を勝つ馬が増えてきていますので、今年の新種牡馬の中からもアッと驚くような重賞勝ち馬が出てくるかもしれません。

     

    という訳で新種牡馬の産駒で個人的に注目している馬6頭を紹介します。

     

     

    ピリカの2016(父ジャスタウェイ)牡

    母ピリカはMonsun産駒で仏G1ヴェルメイユ賞2着馬です。金子真人氏が9000万円という高額で落札した馬ということで期待大です。

     

     

    キャッチ―タイトルの2016(父ジャスタウェイ)牡

    半姉にNHKマイルC勝ち馬のメジャーエンブレムがいるサンデーレーシング募集馬です。ただ、キャッチ―タイトル産駒の牡馬は気性面に難があるので、その点が気がかりではあります。

    馬名はエクリヴァン。

     

     

    ベストロケーションの2016(父ジャスタウェイ)牝

    母ベストロケーションは現役時代5勝を挙げ重賞でも馬券圏内に来ている馬で兄弟にステージチャンプやプライムステージ、スクリーンヒーローの母ランニングヒロインがいる良血馬です。

    馬名はランドスケープ。

     

     

    バプティスタの2016(父トーセンジョーダン)牡

    トーセンジョーダンは、半弟トーセンホマレボシがセントライト記念勝ち馬のミッキースワローを輩出して一定の成績を収めているので期待しています。

    母バプティスタからは、イースターやデウスウルト等重賞で馬券内に来ている馬や、リリーノーブルの母ピュアチャブレットを輩出しています。

    この馬はノーザンテーストの3×4のクロスがあり、このクロスを持っていた馬と言えばオルフェーヴル、ドリームジャーニーが挙げられ、爆発力に期待しています。

    馬名はバンクショット。

     

     

    シアトルサンセットの2016(父トーセンラー)牡

    ステイインシアトルの半弟で島川隆哉氏がセレクトセールで5000万円で落札した馬で島川氏の期待が伺えます。

    馬名はトーセンスカイ。

     

     

    スリーピングインシアトルの2016(父ダンカーク)牝

    ダンカークが日本で供用されてからの初年度産駒です。

    半姉にサウンドバリアーがいますがそれ以上に注目したいのが、シアトルスルーの4×2、セクレタリアトの5×3という非常に濃いクロスがあります。

     

     


       ブエナビスタ 不屈の女王 [DVD]

     


      来場ポイントキャンペーン当選品 JRAヒーロー列伝 No.69 ブエナビスタ クリアファイル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | POG2018〜2019 | 18:07 | comments(0) | -









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ