ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 2歳期待馬等近況情報(6/27) | main | 6/30レース予想 >>
歳新馬戦注目馬(6/30、7/1) アドマイヤマーズ他&(ワールドカップ)ベルギー対イングランド戦が大変な試合になるかも
0

     

    サッカーのワールドカップはドイツがまさかのグループリーグ敗退となりました。前回王者ですが、1戦目から低調なパフォーマンスでしたので仕方ありません。

     

    ところで、明日の早朝3時から行われるベルギー対イングランド戦が大変な試合になってしまう可能性があります。

     

    どういう事かと言うと、本日23時から行われるグループHの2試合で仮に日本とコロンビアが勝ったとします。すると、日本が1位通過、コロンビアが2位通過となります。

     

    グループGはベルギーとイングランドの通過が決定していて、最終戦で順位が決定します。

     

    グループGの1位はこの場合次戦がコロンビアと対戦することになり、勝てばブラジル対メキシコの勝者と対戦することとなります。一方グループGの2位は次戦が日本と対戦することとなり、勝てばスウェーデン対スイスの勝者と対戦することとなります。

     

    客観的に考えて、明らかに2位通過の方が有利です。

     

    現在ベルギーとイングランドは勝ち点、得失点差、得点が全く同じです。

     

    どちらも2位通過で良いとなるとどちらも勝負に行かずドロー決着が濃厚です。そうなった場合に順位を決定するのはグループリーグ3戦で貰ったカード数によるフェアプレーポイントです。(イエローカード1点、イエロー累積によるレッドカード3点、一発レッド4点で、ポイントが少ない方が上位。)現時点ではイングランドが2点、ベルギーが3点の為イングランドが1位です。

     

    つまりドロー決着となった場合、カードをたくさん貰った方が晴れて2位通過できるのです。さりげなくカードを貰うようなプレイが頻発して荒れた試合になりそうです。

     

    今大会のグループリーグ屈指の好カードがこのような事態になるのは残念ですが、そんな事は気にせず日本は今日のポーランド戦に勝って1位通過してもらいたいです。頑張れニッポン!!

     

    それでは今週の新馬戦の注目馬を紹介します。

     

    6/30(土)中京第5レース 芝1600m

    アドマイヤマーズ 牡

    鞍上 デムーロ騎手 父ダイワメジャー

    <メモ>調教の動き良し。

     

    7/1(日)福島第5レース 芝1800m

    ロジャーズクライ 牡

    鞍上 北村宏騎手 父ハーツクライ

    <メモ>アーモンドアイと同じ国枝厩舎、シルクレーシング、ノーザンファーム。

     

    7/1(日)中京第5レース 芝1600m(牝)

    エイシンゾーン 牝

    鞍上 幸騎手 父ジャスタウェイ

    <メモ>調教の動き良し

     

    7/1(日)中京第6レース 芝1400m

    ブルスクーロ 牡

    鞍上 川田騎手 父キンシャサノキセキ

    <メモ>全兄サフィロス、半姉コーディエライト

     

    7/1(日)函館第5レース 芝1200m

    ヤマカツルビー 牝

    鞍上 池添騎手 父ジャスタウェイ

    <メモ>半兄ヤマカツエース、調教の動き良し

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | POG2018〜2019 | 17:19 | comments(0) | -









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ