ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 新潟記念、小倉2歳S、札幌2歳S他レース回顧 | main | 2歳戦勝ち馬診断(9/1.9/2) >>
2018凱旋門賞出走予定馬
0

     

     

    10月7日に行われる凱旋門賞まであと1ヶ月ちょっとになりましたので、出走を予定している有力馬を紹介したいと思います。

     

    まずは、去年の凱旋門賞馬エネイブルです。

    去年の勝ちっぷりからすれば、最有力候補と言いたいところですが、今年は順調さを欠いてまだレースには出走していません。

    9/8に英ケンプトン競馬場のAWで行われるG3セプテンバーSで復帰予定ですので、まずはそのレースぶりに注目です。

     

    続いて紹介するのはクラックスマンです。

    昨秋の英チャンピオンSを圧勝してG1初勝利を上げ、今年に入ってからもガネー賞、コロネーションCとG1を連勝しましたが、続くプリンスオブウェールズSでポエッツワードの2着に敗れ、キングジョージも堅い馬場が合わないとの理由で回避しました。

    凱旋門賞にはぶっつけでの出走になる見込みです。

     

    ここにきて人気が急上昇しているのがシーオブクラスです。

    愛オークス、ヨークシャーオークスを連勝中の3歳牝馬で、最後の直線での末脚には目を見張る物があります。しかし、凱旋門賞が他頭数になれば、その追い込み脚質が不安材料でもあります。

     

    実績ではかなり見劣りますが、ラーティダーも注目の存在です。

    重傷勝ちはありませんが3戦3勝でどのレースも楽勝で、母はドバイシーマクラシックでブエナビスタを破ったダーレミです。ちなみにこの年のドバイミーティングは現地観戦していてとても悔しかったです。

    次走は、ヴェルメイユ賞が有力ということで注目です。

     

    最後に日本馬クリンチャーです。

    京都記念を重馬場で勝ち、去年の菊花賞も不良馬場でも2着と力のいる馬場で結果を残していますが、高速決着となった去年の皐月賞でも早め先頭からあわやの4着に来ているように、ロンシャンの馬場が合う可能性はあると思います。

    前哨戦にフォワ賞を使う予定ですので楽しみです。

     

     

    まずはフォワ賞、ニエル賞、ヴェルメイユ賞が行われる9/16に注目です。

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 競馬その他 | 17:17 | comments(0) | -









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    このページの先頭へ