ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 2018京都大賞典、南部杯他レース予想 | main | 2歳戦勝ち馬診断(10/6.7.8) >>
京都大賞典他レース回顧
0

    重賞レースを中心に振り返ります。


    京都大賞典はサトノダイヤモンドが1年半ぶりに勝利を収めました。道中はシュヴァルグランをマークし、直線早々に先頭に立ち後続の追撃を振り切りました。正直シュヴァルグランを除けばかなりメンバーに恵まれた1戦だったと思いますし、時計も平凡ですので、この勝利だけで完全復活とまでは思えませんが、この馬が戻ってきて、秋のG1戦線がより盛り上がりそうで楽しみです。

    4着に敗れたシュヴァルグランは、結果的に仕掛けが早かったのだと思いますが物足りない内容でした。しかし、去年も3着でその後JCを勝っていますので、叩いた次走が正念場です。



    毎日王冠はアエロリットが逃げ切りました。勝ちタイムも優秀でかなり強い内容でした。次走がどのレースになっても要注目の1頭です。

    2着ステルヴィオは勝ち馬が強すぎましたが、この馬も上がり最速で休み明けの一叩きとしては好内容だったと思います。次走は天皇賞秋かと思いますが、十分期待できると思います。



    サウジアラビアロイヤルCはグランアレグリアが楽勝しました。若干出遅れましたが、向こう正面で上がって行って2番手に付けて、最後の直線で先頭に立って楽々突き放しました。時計自体は平凡で確かに相手関係は楽だったと思いますが、時計の裏付けはデビュー戦で既にありますので、阪神JFの最有力候補で間違いないでしょう。



    期待しているブエナビスタの娘タンタラスがデビューしましたが、道中もついていくのに精一杯で見せ場すらなく惨敗でした。正直かなりショックな1戦でしたが、次走に期待します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 予想・回顧 | 18:22 | comments(0) | -









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ