ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 2018JC他レース予想 | main | 2歳期待馬等近況情報(11/28) >>
JC他レース回顧
0

    先週の重賞を振り返ります。

     

    JCはアーモンドアイがレコードタイムで快勝しました。アーモンドアイは好位ですんなり折り合い、キセキが淡々とした流れで逃げた時点で、ほぼ勝負は決まりました。ルメールが日本最強馬と言っていますが、まだ対戦していない馬もいるものの、私もそうだと思います。

    そうなると、来年どのレースを狙うのかが気になってきます。

    個人的な勝手な妄想ですが、

    ドバイシーマクラシック→宝塚記念→札幌記念(ヴェルメイユ賞)→凱旋門賞→有馬記念

    が良いなと思います。

    札幌記念(ヴェルメイユ賞)の所は、間隔を詰めてもレースを使えると陣営が判断すれば、ヴェルメイユ賞で見たいですが、これまで間隔を詰めてレースを使えていないので、間隔的に札幌記念が良いかなと思います。

     

    JCの話に戻って、2着キセキは川田騎手が言うように、後ろから差を詰めにくい絶妙のペースで逃げて、最高のレースができたと思いますが相手が悪かったです。ただ、もしもこの後有馬記念に出走するなら、秋4走目となりますので疲れが気になります。

    3着スワーヴリチャードは天皇賞の時よりも良いレースでしたが、印象としては地味で、もう少しアーモンドアイに食らいつくところが見たかったです。

    2〜5着はトニービンの血を持つ馬で、JCらしい結果ですが、それだけにトニービンの血を持たないアーモンドアイがこれらの馬を一蹴したのはやはり凄いです。

     

    京阪杯はダノンスマッシュが快勝しました。内目を通った馬に有利な馬場状態が向いた面もありましたが、内容的には完勝で、来年のスプリント路線の主役候補だと思います。

    2着ナインテイルズはまさかの後方待機でしたが内をついて2着争いを制しました。馬場、展開が向いた面は否めませんが、また忘れた頃に穴を開けそうな印象です。

     

    京都2歳Sはクラージュゲリエがブレイキングドーンとの追い比べを制しました。札幌2歳Sでもロスの多い競馬で僅差の3着に来ていましたので、力通りの結果だと思います。このまま力を付けていけば、来年のクラシックでも楽しみな存在だと思います。

    2着に敗れたブレイキングドーンもまだ2戦目ですし、今後が楽しみです。

    3着ワールドプレミアはクラシック路線で一歩後退といった印象ですが、4コーナーでもたついて外を回したロスが響いた形で、あと半年でそこら辺が解消してくるかどうかが鍵となりそうです。

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 予想・回顧 | 18:22 | comments(0) | -









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    このページの先頭へ