ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< チャンピオンズC他レース回顧 | main | 2019牡馬クラシック番付(12/4) >>
2018香港国際競争展望
0

     

    今週末には香港国際競争が行われ、日本から9頭が出走予定です。錚々たるメンバーですので一つでも多くのレースで勝利してほしいものです。

     

    香港ヴァーズ(芝2400m)

    日本からはリスグラシューとクロコスミアのエリザベス女王杯1、2着馬が出走します。どちらも牝馬ですし正直2頭とも2000mの方が良いのではとは思いますが、ヴァーズの方が相手関係は楽そうですのでチャンスはありそうです。

    海外馬で最有力馬は凱旋門賞4着の英国馬ヴァルトガイストだと思いますが、近走は凡走続きでも今年の香港QE2世Cを勝ったパキスタンスターも能力通りに走れば怖い存在です。

     

    香港スプリント(芝1200m)

     日本からはファインニードルが出走します。香港馬が強い条件ですが、日本での実績は文句ありませんので頑張ってほしいです。

      香港馬では、前哨戦ジョッキークラブスプリント1、2着馬のホットキングプローンとミスタースタニングが有力です。ジョッキークラブスプリントを勝ったホットキングプローンはこれまで10戦9勝2着1回と準パーフェクトの成績で人気するのも当然ですが、前走2着のミスターマイニングにとって逆転できないような内容ではありませんでしたので、大舞台の実績を考えてミスターマイニングを上に評価したいです。

     

      香港マイル(芝1600m)

     日本からはペルシアンナイト、モズアスコット、ヴィブロスが出走します。3頭とも好勝負できるだけ能力があると思いますが、香港馬で1頭大きな壁として立ちはだかる馬がいます。

      それがビューティージェネレーションです。去年の勝ち馬で、今春のチャンピオンズマイルも勝っていて、前哨戦のジョッキークラブマイルも力の違いを見せつける内容でした。

    かなりの強敵ですが、日本馬に頑張ってほしいです。

     

    香港C(芝2000m)

    日本からサングレーザー、ステファノス、ディアドラの3頭が出走します。このレースが日本馬が勝てる可能性が一番高いように思います。特にサングレーザー、ディアドラの近2走の内容はかなり優秀ですので楽しみです。

    香港馬では去年の1、2着馬タイムワープとワーザーが有力です。

    タイムワープは楽に行ければかなりしぶとい馬ですので展開が鍵になります。

    ワーザーは今年の宝塚記念2着馬で能力に疑いはありませんが、ここ2走の内容がイマイチです。

     

    日曜が楽しみです。

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 競馬その他 | 18:10 | comments(0) | -









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    このページの先頭へ