ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 2018有馬記念他レース予想 | main | 2歳期待馬等近況情報(12/26) >>
有馬記念他レース回顧
0

     

    昨日と一昨日は和歌山県に行っていましたので、更新できず遅くなりましたが先週の重賞レースを振り返りたいと思います。

    それにしても彩浜は可愛かったです。アドベンチャーワールドは今2歳の結浜が産まれた時に行って以来2年ぶりでした。結浜の時は名付け親になれましたので、バックヤードで一緒に写真を撮ったりできましたが、今回は名付け親にはなれませんでした。また、2年後には名付け親になれるよう頑張りたいです。

    結浜も、4歳の桃浜、桜浜もまだまだやんちゃで元気に走り回っていました。お父さん英明はいつもどおりのマイペースでした。お母さん良浜は育児疲れか見たときはずっと寝ていました。

     

    さて、本題です。

    有馬記念はブラストワンピースが勝ちました。G1を勝っていない3歳馬が勝つのはシルクジャスティス以来です。元々素質は高いと評価されてきた馬でしたが、私はそれ程評価できずにいましたので、今回はお見それしましたという感じです。キセキが造ったロングスパートの展開が、ブラストワンピースに向いたのだと思いますが、レイデオロの追撃を振り切ったのは流石です。

     

    2着レイデオロも良いレースをしていましたが、終始外目のコースを通ることになってしまったのが痛かったと思います。距離やコースについてある程度融通の利くタイプで来年も大崩れはあまりなさそうにですがベストは2000mかなと思います。

     

    3着シュヴァルグランは、去年ほどの勢いの無い6歳馬で外枠ということで人気もかなり落ちていて、私も評価を下げてしまいましたが、底力はこの中でも上位の存在でした。

     

    逃げて5着に敗れたキセキは、やはり外枠が響いて最初のコーナーでかなり外を回らされてしまいました。最初に脚を使ってしまったことで、最後の粘りを欠いてしまった印象です。

     

    有馬記念はかなり的外れな予想をしてしまい、逆に清々しいくらいです。

     

    阪神Cはダイアナヘイローが逃げ切り、2番手にいたミスターメロディが2着と行った行ったの決着となりました。荒れると思って予想したレースで、ダイアナヘイローの逃げ切りも頭にあっただけに、重い印を打てなくて残念でした。

     

    このレースは、東京マイルG1勝ち馬のディープインパクト産駒が1、3番人気になっていましたが、両馬とも掲示板外に敗れました。わざわざ、阪神芝1400mの重賞で買わなくてもいいでしょと思っていただけに、的中したかったです。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 予想・回顧 | 17:19 | comments(0) | -









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    このページの先頭へ