ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 2019弥生賞他レース予想 | main | 2歳期待馬等近況情報(3/6) >>
2019弥生賞他レース回顧
0

     

    先週の重賞を振り返ります。

     

    弥生賞はメイショウテンゲンが差しきりました。2、3着にも後方待機組が入り、先行した馬、内を通った馬には厳しいレースになりました。

    当日は朝から雨が降り、重馬場で行われ、勝ちタイムは2分3秒3とかなり時計が掛かり、重馬場適性が勝敗を分けるようなレースだったと思います。

    勝ったメイショウテンゲンはメイショウベルーガの息子で父はディープインパクトです。ディープインパクト×フレンチデピュティはかなり相性が良い配合ですのでこの活躍も納得です。ただ、やはり良馬場の重賞でも勝負になるかといわれれば現時点では厳しいのではないかと思います。それでも、母はレースを使って使って大成したうまですので、この馬も今後の成長に期待です。

    個人的にかなり期待していたラストドラフトですが、逃げて7着に敗れました。重馬場適性にはレース前から疑問がありましたし、展開も向きませんでした。正直能力面も少し買いかぶり過ぎていたのかなと思うところもありますが、皐月賞では確実に人気を落とすと思いますので、改めて期待したいです。

     

    チューリップ賞はダノンファンタジーが圧倒的人気に応えました。好位追走から、直線ではなかなか進路が開きませんでしたが、進路を見つけてからはあっさり抜けだし、2着シゲルピンクダイヤに1馬身差をつけて完勝でした。

    時計も悪くなく桜花賞に向けて盤石といった内容だとは思いますが、重箱の隅をつつけば、前半の行きっぷりが良すぎるのが気になりました。現時点では問題ないとは思いますが、いずれはさらに距離が短い方が良い馬になるかもしれません。

     

    2番人気で5着に敗れたシェーングランツは、もともと賞金は足りているので、トライアル仕様だったと思いますが、それにしてもだらしなかったかなと思います。それでも、新馬戦5着から2連勝で重賞制覇している馬ですので、まだ桜花賞、オークスでは楽しみはあると思います。

     

    オーシャンSはモズスーパーフレアが逃げ切りました。前半3ハロン32秒3という超ハイペースで全体時計も1分7秒1と優秀です。これまでもいつかは垂れると思って重い印をなかなか打てずにきましたが、このペースで逃げ切るのですから力は本物です。それでも、高松宮記念ではスピード一辺倒の馬は買いづらく重い印は打てない気がします。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 予想・回顧 | 18:05 | comments(0) | -









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    このページの先頭へ