ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 2019桜花賞予想 | main | 2歳期待馬等近況情報(4/10) >>
2019桜花賞他レース回顧
0

     

    先週のレースを振り返ります。

     

    桜花賞はグランアレグリアが好位から抜け出しレコードタイムで圧勝でした。時計、内容共に圧倒的で文句の付けようの無い内容でした。スピードがありすぎて距離延長は微妙かなと思いましたが、次走はNHKマイルCを目指すようですので次走も当然有力です。

     

    2着に来たシゲルピンクダイヤは後方待機で直線に賭ける競馬で差してきましたが展開が向いた面は否めません。それでも2戦続けて強いメンバー相手に上がり最速で2着に来ているので力を付けているのだと思います。ダイワメジャー産駒と言うことで、距離延長が不安視されるかもしれませんが、母系は中々重い血統ですので、距離はこなせるような気がします。

     

    3着クロノジェネシスは不利が重なる厳しいレースになりながらも3着に来たのですから力はあります。ただ、元々完成度が高くそれほど成長力のあるイメージでは無いので、更なる上積みがあるかは微妙です。

     

    4着ダノンファンタジーは、人気を背負っていることもあって、グランアレグリアを負かしに行って反対に潰されてしまった感じです。気性面に課題があるため、前半のポジション取りのところでもう少し前目に付けられれば良かったと思います。力があることは間違いありませんが、気性からも距離延長は厳しいと思いますし、マイルでも少し長い印象です。

     

    私が本命にしたエールヴォアは7着でした。逃げるかなと思っていましたが、スタートで後手を踏んでしまったのが痛かったです。距離延長も問題ないと思いますし、敗因ははっきりしていますのでオークスでの巻き返しは可能でしょう。

     

    対抗評価にしたプールヴィルは積極的に逃げて、直線半ばまではよく頑張っていました。グランアレグリアがもう少し可愛がってくれれば馬券内もあったかと思います、今後も人気が無いようなら穴で狙いたい馬です。

     

     

    ニュージーランドTはワイドファラオが逃げ切りました。展開が向いた面は否めず、珍しく豪華メンバーになりそうなNHKマイルCでは厳しいと感じました。

     

    あまりレベルが高いレースだったとは思いませんでしたが、そんな中でも3着ヴィッテルスバッハの末脚は目立ったいましたし、ポテンシャルは高そうに思います。

     

     

    阪神牝馬Sはミッキーチャームが勝ちました。先行馬に有利な展開となり、他の有力馬が総崩れとなりましたので、中々判断が難しいレースですが、もともと秋華賞でアーモンドアイの2着に来た馬ですので、能力は高い馬だと思います。

     

     

    最後に、忘れな草賞ではラヴズオンリーユーが休み明けもものともせずに3馬身差の快勝でした。これで3戦3勝ですが、どのレースも危なげなく、オークスでも有力だと思います。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 予想・回顧 | 18:38 | comments(0) | -









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    このページの先頭へ