ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 2歳期待馬近況(6/18) | main | 2歳期待馬近況(6/24) >>
6/20、6/21 2歳戦回顧
0

     

    先週の2歳戦を振り返ります。

    勝ち馬一覧

    6/20(土)東京

    1400m新馬戦 クールキャット(父スクリーンヒーロー)

     

    6/20(土)阪神

    ダート1200m新馬戦レディステディゴー(父ダイワメジャー)

     

    6/20(土)函館

    1200m新馬戦モンファボリ(父フランケル)

     

    6/21(日)東京

    1400m未勝利戦プルスウルトラ(父ディスクリートキャット)

    1600m新馬戦ブルーシンフォニー(父スクリーンヒーロー)

     

    6/21(日)阪神

    1600m新馬戦シュヴァリエローズ(父ディープインパクト)

     

    6/21(日)函館

    1200m新馬戦ブルースピリット(父Invincible Spirit

     

    6/21阪神マイルの新馬戦はディープインパクト産駒の評判馬2頭のワンツーとなりましたがシュヴァリエローズがブレイブライオンに4分の3馬身差をつけて勝利しました。着差は大きくありませんが迫るブレイブライオンを突き放した時の脚には見所がありました。今後の成長次第では重賞でも期待できるでしょう。

     

    6/21東京芝1600mの新馬戦では、人気の3頭相手にブルーシンフォニーが2馬身差の完勝でした。直線半ばまで進路が無い厳しい展開でしたが、進路ができてからの伸びは非常に力強く、成長力のありそうな血統でもありかなり楽しみです。

     

    函館の芝1200mで新馬戦が2鞍行われました。勝ち馬モンファボリ、ブルースピリット共に好内容だったと思いますが、特に注目したいのが、2歳コースレコードで後続に5馬身差をつけて快勝したモンファボリです。逃げ切れなかった場合のレースぶりは未知ですが、スピード能力は相当で函館2歳Sでも有力でしょう。

     

    函館では、芝1200mの新馬戦を2鞍ともカレンブラックヒル産駒が勝ちました。カレンブラックヒルはダイワメジャー産駒で早い時期から動ける馬が多そうですし、北海道の洋芝も合っているのだと思いますので、今後も注目していこうと思います。

     

    評判馬カランドゥーラが2着になったり、未だ未勝利のモーリス産駒を尻目に、今週は東京競馬場でモーリスの父スクリーンヒーロー産駒が2勝しました。最近大物が出ていないスクリーンヒーロー産駒ですが今年は一味違うのかもしれません。

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | POG2020〜2021 | 17:13 | comments(0) | -









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    このページの先頭へ