ゴン太の競馬ブログ☆☆POG・予想☆☆

2歳戦からダービーまでの情報を中心に重賞予想も
書いていきます。

<< 2018きさらぎ賞、東京新聞杯、ゆりかもめ賞予想 | main | 2018牡馬クラシック番付(2/5) >>
2018きさらぎ賞、東京新聞杯他回顧
0

    こんにちは、麻黄湯のおかげか熱が上がらなかったゴン太です。しかし予想は散々でした。

     

    きさらぎ賞の予想結果は○△△で外れでした。

    勝ったサトノフェイバーは新馬戦同様二の足が速く、逃げて最後まで粘りきりました。2着にも2番手追走のグローリーヴェイズが入りました。

    1番人気で9着に敗れたダノンマジェスティは終始掛かっていて、4コーナーも上手く曲がれず下がってしまいました。敗因は明確ですがそれにしても負けすぎでクラシックはかなり厳しくなったといわざるを得ないと思います。

     

    東京新聞杯の予想結果は△△○で外れでした。本命にしたベルキャニオンも良い競馬をしていましたがあと少しでした。

    勝ったリスグラシューは中段前目から直線間を割って鋭く伸びて快勝し、同条件で行われるヴィクトリアマイルの主役候補に名乗りを上げました。

    1着から3着までを4歳馬が独占し、改めて4歳馬のレベルの高さを見せつけました。

     

    ゆりかもめ賞の予想は△△△で全く的外れでした。

    それにしてもブラストワンピースは強い競馬でした。後方待機から素晴らしい伸びで後続に4馬身差をつける楽勝でした。皐月賞タイプではないかもしれませんが、ダービーに向けてまた楽しみな1頭が現れました。

     

    エルフィンSは○△△で外れでした。本命にしたトロワゼトワルは4着でしたが、早めにスパートしたことが結果的に仇となった感じですが、それにしても3着を外すとは思いませんでした。

    勝ったレッドサクヤは中段から伸びての快勝でしたが、阪神JF上位馬やアーモンドアイ、プリモシーン等メンバーが揃っている牝馬クラシックで好走するには、更なる成長が必要かなと思います。

     

    春菜賞は△◎▲で今週唯一の的中でした。

    勝ったアルモニカは展開に恵まれた面もあると思いますが強い競馬だったと思います。次走が1400mのフィリーズレビューなら有力だと思います。

     

    本命にしたミュージアムヒルは、ここでは負けないと思っていましたが2着でした。やはりもう少し距離があった方が良いかもしれません。

     

     

     


     ブエナビスタ 不屈の女王 [DVD]

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    | ゴン太 | 予想・回顧 | 16:09 | comments(0) | -









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    このページの先頭へ